夢占いなら夢事典で夢診断や夢判断をされてはいかが。人間は眠っても頭は回転しており、夢には隠されたメッセージが秘められています。

Menu ▼
夢占い・夢判断・夢診断 
  事物・動植物
  人  体
  服装・服飾品
  人  物
  建物・場所
  住まい・インテリア
  天体・気象
  行動・事件・現象
気になる夢の働きを知ろう
  夢の活用
  私たちに夢を見させる七つの要因
  眠っていても頭は回転
  夢によって隠された性格を知ろう
  夢に込められたメッセージ
  夢のワンポイント・レッスン
 夢占い・夢判断・夢診断
 動  物
 人  体
 服装・服飾品
 人  物
 建物・場所
 住まい・インテリア
 天体・気象
 気になる夢の働きを知ろう
 夢の活用
 私たちに夢を見させる七つの要因
 眠っていても頭は回転
 夢によって隠された性格を知ろう
 夢に込められたメッセージ
 夢のワンポイント・レッスン

夢に込められたメッセージ


夢を大きな転換点にした人びとは大勢います。

特に芸術家の中のシュールレアリスム(超現実主義)運動を掲げた画家たちは、フロイトやユングから大きな影響を受けました。

これらの人びとは現実の世界を描くのではなく、夢の世界を描き、観る人の目を奪いました。スペインのゴヤはその代表的画家でしょう。



また象徴詩と呼ばれる中にも、この夢による象徴化を巧みに扱ったものがあります。
このように文芸活動の中で夢を活用して、成功を手にした人びとは多いのです。

この方法は、私たちが仕事や人生に行き詰ったときに、起きている間には湧かなかった解決法が、夢の中で見つかることはよくある話です。

あの聖徳太子でさえ、経書執筆中に疑問が生じて持仏堂にこもったとき、夢うつつの中に疑義を解くカギを見つけたということで、現在奈良県の法隆寺八角堂を「夢殿」と称しています。

積極的に夢を見ようとする努力は、思いがけないよろこびをもたらす可能性が高いのです。

いまでも1月1日(または2日)の夜見る夢を「初夢」といって、たいそう尊びますが、時代によっては、大晦日、元日の朝の夢を吉としていたこともあります。

特に「一富士、二鷹、三茄子」の三つの夢を吉としましたが、これは徳川家が栄えたことから、その生国の駿河の国(いまの静岡県)の名物を見ると家が栄える、という考えからきていると思われます。

夢判断には直接連想と間接連想があります。

「歯が欠ける夢」を見ると身内の人が死ぬ、といわれることがありますが、これは「欠ける」というところから直接連想です。

あるいは「火事の夢」を見ると縁起が良いといわれるのは、すべてが燃えつくされた後、新しい何かが創造されるという間接連想が働いたのです。

この二つの連想法を知っておけば、自分なりに「都合よく」こじつけることができ、縁起を担ぐことができるのです。








人相による結婚相手の選び方
ズバリ当たる大人のための血液型診断
大人のための姓名判断
好きな女性を口説く方法と口説き方
男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
怖いほど当たる四柱推命
心の裏をズバッと見抜くブラック心理学
一生お金に困らない貯め方・使い方
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病の予防とストレス解消法
うつ病患者をサポートしよう
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活


Copyright (C)2015. 夢占いなら夢事典で夢診断・夢判断を! All rights reserved.